水素水生成器の種類と特徴を理解して
高濃度の水素水を飲もう。

水素生成器とは水道水やミネラルウォーターを水素水に変えるための機器のことを言います。水素サーバーを差すことが一般的ですが、今はボトルタイプやスティックタイプの商品が多く販売されています。日常的に水素水を利用する方には水素生成器は必需品ですね。それでは、どんな方法で水素水を作るのか紹介していきます。


水素水の生成方法別の種類と特徴

利用する水素生成器により作り方は異なりますが、電気分解して生成する方法、マグネシウムと水の化学反応で生成する方法、水素ガスを充填する方法です。「電気分解」は、水に電圧をかけて電気分解で発生させる方法です。純粋な水素水が生成できるため飲料用に適しています。家庭用に使うH21500水素水生成器はこの電気分解の生成方法を利用しています。高純度で高濃度の水素水を短時間で生成できるため水だけあればいつでも飲むことができる点で経済的です。

また携帯用として使用できるのはバッテリーを搭載した「H2365携帯用水素水生成器」です。携帯型は場所を選ばないので旅行先などでも気軽に水素水を飲むことができます。また水素生成器を家に置いておくことで飲料以外に、スキンケアや料理、お風呂などでのヘアケアなど色々な用途に使う際に作ることができ量も気にすることなく使えるのが最大の利点です。


「化学反応」での生成と「水素ガスを充填」しての生成

化学反応は、マグネシウムと水を化学反応させて生成するタイプでスティック型の商品が多いです。水素水を一度試してみたいという方はこのタイプが良いでしょう。スティックタイプの商品なのでカバン等に入り持ち運びに便利です。

水素ガスを充填させる方法は、専用の水素水生成キットを使用して水素ガスを水に直接溶かした作ります。専用キットが必要なので他の商品よりも費用が掛かる部分がありますが、超高濃度の水素水を作ることができるので、他のタイプよりも水素水の効果を実感できるものです。水素水生成器を選ぶ際には、どこで飲むのか、どのくらいの量を1回で使うのか、費用はどのくらいかかるのか等を考慮したうえで自分の生活に合ったものを選んでください。それぞれにメリットやデメリットはありますが、どれでも水素水濃度の高い物を生成できますので市販の水素水よりも効果を実感できる水素水を飲むことができます。